早漏治療にありがちな事

落ち込んでいる男性

男性は早漏で誰にも相談できずに悩んでいる人もいます。
早漏は、膣内にペニスを挿入してから射精するまでの時間が短いことや、射精を自分でコントロールできず、女性より早く男性の方が射精をしてしまうことを言います。
女性が満足しないので、不満に感じる人も多く男性はコンプレックスを感じてしまい、勃起不全になるケースもあります。
早漏の原因としては、包茎が原因になるケースもあります。
普通の人は、普段の生活の中で亀頭が下着に自然にこすれるので、亀頭が刺激に強くなり、女性との性行為でも射精のコントロールがしやすくなりますが、包茎だといつも亀頭が包皮で守られているので刺激に弱く、性交時の時の亀頭への刺激で早漏になりがちです。
包茎手術を受けることで、早漏の悩みが解決することもあります。
包茎でなくても亀頭の粘膜が刺激に弱く敏感な人は、ちょとした刺激で射精してしまうケースもよくあります。
この場合の早漏治療としては、注射によち亀頭強化治療を受けることです。
亀頭に膜を敷き詰めた感覚になるので、粘膜が刺激に強くなり射精の時間をコントロールできるようになります。
陰茎自体が刺激に弱い場合も、早漏の原因となるケースもあります。
治療方法としては陰茎増大術で、陰茎全体に注射材を注入することで、陰茎全体が刺激に強くなり早漏が改善することがあります。
ペニスのうら筋への刺激が強い場合は、手術で小帯を切除する治療方法もあります。
セックスのコンプレックスやストレスなどの心理的原因も射精をコントロールできない原因となります。
治療方法としては、ED治療薬が効果的です。
ED治療薬でも改善しない場合は、抗精神薬の処方や自律神経の訓練を行うといいでしょう。