• ホーム
  • 早漏は自慰行為でコントロールをすることができる

早漏は自慰行為でコントロールをすることができる

公園で話すカップル

早漏で悩んでいるという男性は少なくないものですが、これは自慰行為によって射精をコントロールすることもできるのでトレーニングをしてみると良いでしょう。
早漏で悩んでいる男性というのは、自慰行為であってもすぐに射精をしてしまうことがあるのですがこの場合射精のタイミングというのは本人の思うままです。
そのため、我慢をせずにすぐに射精をすることも可能ですが射精をしそうになったら刺激を止めて、射精をしないということもできないわけではありません。
自慰行為は相手のいるものではありませんから、いつ射精をしても問題はないわけですがあまりにもすぐに射精をするようなやり方をしていれば性行為をするときにもすぐに射精をしてしまうようになるため自慰行為の時からすぐに射精をしないようにコントロールをする必要があります。
射精するギリギリまで刺激を与え、我慢の限界が訪れたらそこで刺激をストップさせます。
直前で我慢をしなければならないというのは、男性にとって非常に辛いものではありますが早漏を改善しようと考えているのであればこれは非常に重要なトレーニングとなるのです。
これを数回繰り返すことによって、徐々にすぐに射精をしない体質に変わることができます。
しかし、いざ性行為となると目の前に女性の裸体があることから普段とは違った性的興奮があってやはり早漏気味になってしまったということもあるかもしれませんが、こればかりは場数を踏んで慣れていくしかありませんからあまり気にしないようにしましょう。
自慰行為で長持ちをすることができるようになれば、後は実践に慣れていくことで少しずつ早漏を改善させることができるので慌てないことが大切です。